管理人の真弓知也です。人見知りで富士額な男です。よろしくどうぞ。
プロフィール画像

(新版)温情判決≪介護のはなし≫(認知症の母親殺害事件)

アップ主さんの説明

こちらもぜひご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=w8ryWCukRy4
本当に悲しい事件を風化させないために動画にしました。本当の加害者は、片桐被告でも、行政でもない、周りにいる我々だったのかもしれない。そう思いませんか?
想像してください。今この瞬間にも介護に疲れ果てて、明日の身の振り方を案じている人がいます。

管理人のコメント

管理人が過去最高に涙をながしたとても悲しいお話ですが、これは実話でありテレビニュースでも取り上げられたことがあります。

アップ主さんも説明の中で「こちらもぜひご覧下さい」と紹介されているのがそのニュース映像なのですが、それを見るとこの事件のより詳細な流れがわかります。

こちらがそのニュース映像です。

◆・京都母子

こんなことが実際にあっていいのだろうかと、なにかやるせない悲しみと怒りが湧き上がってくる、あまりに現実離れした傷ましい事件です。しかしこれは実際に起こってしまいました。

おそらく、多くの日本人がこのいたましい事件に涙したことだと思います。そんな中、You Tubeでこの動画を視聴された方の一人がこんなコメントを残していました。

『偽善者になるつもりは、ありませんが、このような人を救うためだったら、どれだけでも、税金を支払いたいです。』

おそらくは今この動画を見て多くの方が同じことを感じているのではないかと思います。しかし、この事件はそう思える優しい心をもつ人達が沢山住む国の中で起こってしまいました。

では、はたして悪いのは行政かといえば、原因はそれだけではないような気もします。もしこれが、映画“ALWAYS 三丁目の夕日”の舞台となった昭和三十年代あたりで起こった出来事ならば、事件の結末はもう少し違ったものになっていたかもしれません。

管理人はこの動画を見るたびに、号泣しながらそんなことを考えてしまいます。私達は物質的な進歩と繁栄の流れの中に、きっとなにか大事なものを置き忘れてきているのではないかと、そんなふうに思います。