管理人の真弓知也です。人見知りで富士額な男です。よろしくどうぞ。
プロフィール画像

マイナスイオン神話はまだくすぶっている

このページは、マイナスイオン”の健康・癒し・抗ストレスといった効果についての懐疑的な意見です


かつてマイナスイオン効果をうたった商品が竹の子のように発売されていた“マイナスイオンブーム”ともいえる一時期がありました。メディアではマイナスイオンをテーマにした番組が作成され、番組内ではその癒し効果や健康効果といったものが大きくとりあげられていました。そのころ一般の消費者の誰もがマイナスイオンの効果を信じて疑っていなかっただろうと思います。

しかし、最近ではテレビにマイナスイオン商品のCMが流れることはありません。なぜならマイナスイオンの神話はすでに崩壊しているからです。これはずいぶん古い話ですので知っている方のほうが多いとは思います。しかしネット上を見てみればいまだにマイナスイオン効果をうたうサイトや商品が後を絶ちません。

いまだにそういった商品が販売されているということは、裏を返せばいまだにマイナスイオン商品を購入している人がいるということです(売れないものは売らないはずですから)。ということは、マイナスイオンがインチキな理論であることをご存知ない方がまだけっこういるということになります。そこでずいぶん古い話題で申し訳ないのですが、当サイトでもいまさらながらマイナスイオンについてのページを作成することにしました。

ただ、あまりややこしいお話をしても読んでもらえない可能性がありますので、そういった話は他のサイトさんにおまかせして、癒しまいんどではなるべくわかりやすく説明したいと思います。

マイナスイオンの怪しいところ

マイナスイオンの心身に対する健康効果、あるいは癒し効果というものはハッキリと解明されていません。これは効果の仕組みがハッキリしていないという意味ではなく、効果があるかどうかがハッキリしていないという意味です。それだけならまだしも、マイナスイオンという言葉が何を指してマイナスイオンと呼ばれているのかすらもハッキリしていません。

そもそもマイナスイオンという言葉は科学用語ではなく、戦後に唱えられた学説で使われた造語です。この造語に対する捉え方はマイナスイオン商品を販売する企業によって微妙に違います。

それでも効果さえあれば定義がハッキリしないなどということは問題ではないのかもしれません。しかし、はじめ戦後に唱えられた学説でありながら、現在にいたってもマイナスイオンが生体に及ぼす影響についての定量的データは存在しません。この事実の裏をかえせば、マイナスイオンに本当に癒しや健康効果があるのかどうかを誰も把握していないということになります。もちろんかつてマイナスイオン製品を製造販売していた大手企業もこの例外ではありません。

やがてマイナスイオンの癒しや健康効果にたいする懐疑的な意見は徐々に高まり、2003年には 内閣府所管の独立行政法人 「国民生活センター」によるアンケート調査が実施されました。

・国民生活センター > マイナスイオンを謳った商品の実態 ……

上記リンク先のアンケート調査結果を要約すると以下のようになります。

・商品を使った消費者は、実感として効果が分からないという人が相当数いた。

・マイナスイオンについて学識経験者の意見を聞いたところ、「マイナスイオンと人体への因果関係は十分に究明されていないので検証は困難」との意見もあった。

・事業者は、身体などへの効果をうたうものの因果関係は検証しないまま、マイナスイオン商品を製造していることも伺える等の問題がある

さらに2006年には東京都生活文化局による調査結果も発表されました。

・東京都公式ホームページ > 科学的根拠をうたったネット広告にご注意!

いずれの調査結果もマイナスイオンが生体に及ぼす影響については、不透明であるとしています。つまり先ほど申しましたようにマイナスイオンについては誰もよく解っていないのです。

ですが、急にそういわれてもテレビの番組などで大学教授の肩書きをもった人物がマイナスイオンの健康効果について解説しているようすなどをみたことがある方は、「マイナスイオンに効果がないなんて、そんなバカな」と思われるかもしれません。これは無理もないことです。

ところが、過去いくどか放送されたマイナスイオン番組に出演していた有識者の方々(おもに3名)は、いずれもマイナスイオン商品の製造や販売に関わっていたいう事実があります(わりと有名な話です)しかも、放送された番組のスポンサーにはマイナスイオン商品を販売している企業がついていました。このような状況で作成された番組ですから、その内容には懐疑的であるべきではないかと管理人は思います。

管理人はべつだん、科学的に証明されていないもの全てインチキであるとは思いません。それどころか科学がこの世の全てを解明してしない状況の中では、全ての事象の真偽を科学で決めることは出来ないとすら思います。

しかしマイナスイオンは、「効果があるかどうかわからない」「なにを指してマイナスイオンと呼ぶのかわからない」といった状況ですから、これは科学では証明できない事象というより、都市伝説のレベルだと思います。このようなわけのわからないものを論拠として製品を開発、販売してきた企業が多数あるというのは本当に悲しいことです。

ですが、せめてもの慰めはこれがすでに終わった出来事あるという点でしょうか? …といいたいところなんですが、そもそも終わってないからこのページを作ったんですよね(笑)

それでも、今日ここでこのページを読んでくださった方がいるということは、確実に終わりに近づいたということだと思いますのでこれは喜ばしいことだと管理人は思います。

以上、簡単ではありますがマイナスイオンに関するお話をさせていただきました。少しはお役に立てているとよいのですが。

《 参考リンク 》

「マイナスイオン」どこがニセ科学か‐小波秀雄 京都女子大学
こちらの解説はとてもわかりやすいですがPDFファイルです。もし閲覧できない場合はAdobe Readerのインストール(無料)が必要です。