管理人の真弓知也です。人見知りで富士額な男です。よろしくどうぞ。
プロフィール画像

「ダン中」の癒し効果と揉み方

八会穴(はちえけつ)と呼ばれる重要な8つのツボの内の1つであり、「気(心)の病」に効果的なツボ「ダン中」についてです。【主な効能】:ストレス解消・精神疲労の癒し・うつ・自律神経失調・不安感・ストレスによる不眠・心臓や呼吸器の病・女性ホルモンに関わる症状


ダン中は前胸部中央の第四肋間の高さで胸骨上に位置するツボです。このツボは各組織の気血の集まる八会穴(はちえけつ)と呼ばれる重要な8つのツボのうちの1つです。八会穴は「腑・臓・血・脈・骨・筋・髄・気」のそれぞれの系統の病気に対して用いると効果があるとされ、ダン中はその内の「気の病(気虚 、気滞)」をつかさどるツボにあたり、ストレスや精神疲労に対する癒し効果や、うつ、自律神経失調、不安感、ストレスによる不眠、などの症状を改善する効果をもちます。

このように精神と深い関わりをもつダン中ですが、この他にも、心臓、呼吸器、女性ホルモンの分泌、などとも深い関わりをもち、「咳、喉の痛み、胸の痛みや胸苦しさ、息切れ」などの症状の改善や、女性特有の症状である「乳腺炎、母乳欠乏症、流産防止、不妊治療、つわりの緩和、月経困難、月経痛、月経不順、バストアップ」などに対して効果があるとされます。

ダン中の位置と揉み方

ダン中は前胸部中央の第四肋間の高さで胸骨上あります。もっと分かりやすくいうと左右の乳首を結んだラインの中央あたりに位置します。このツボはストレスを溜めていたり悩みがあったりすると指圧時に痛みが走るという特性から、ストレス度合いを診たり心疾患の診断をしたりするのに使われるツボですので、精神的な問題を抱えているという方は痛みを目安にしてツボの位置を探すと分かりやすいかもしれません(個人差はあります)。

揉み方は、息を吐きながらダン中を約3秒ほど指圧し、息を吸いつつ約3秒間離します。この、「三秒指圧して三秒離す」という作業を10~15回ていど繰り返してください。指圧に使う指は親指がポピュラーですが、片手の真ん中3本指をツボにあて、その上からもう片手の真ん中3本指で力を加えるというやり方などもやりやすいかもしれません。もしリラックスできる環境であれば、寝転んだ状態で指圧するのもよいでしょう。

力加減としては痛いほど力を加える必要はありません。もし軽く押しても痛みを感じる場合は、無理に我慢せずさするようにして指圧するとよいでしょう。

以上、ダン中についてでした。癒しとストレス解消の参考になればと思います。