管理人の真弓知也です。人見知りで富士額な男です。よろしくどうぞ。
プロフィール画像

バレリアン(Valerian)の癒し効果

不眠対策に高い効果を発揮することで知られるハーブ「バレリアン(Valerian)」についての簡単な解説です。このハーブはドイツ、ベルギー、フランスなどで医療用ハーブとして承認され、その高い鎮静・不眠改善効果から「ナチュラルトランキライザー(天然の精神安定剤)」と呼ばれています。


バレリアン(Valerian)は、セイヨウカノコソウとも呼ばれるオミナエシ科カノコソウ属の多年生植物ですが、この植物は、古くは古代ギリシャの時代から安眠効果、抗ストレス効果のある薬草として用いられてきたことで知られています。

このバレリアンの持つ鎮静作用はすでに現代医学でも認められるところとなっており、ドイツ、ベルギー、フランスなどでは医療用ハーブとして承認され「ナチュラルトランキライザー(天然の精神安定剤)」などと呼ばれています。また、アメリカや日本などでも不眠対策として非常に人気の高いハーブのひとつです。

鎮静作用のメカニズムについては数多くの研究が行われていますが、まだ完全には解明されていません。これについては現在、バレリアンの成分であるバレレノール酸やアセチルバレレノール酸が、脳内の>GABA(γ-アミノ酪酸)の働きを高めることにより、不眠の改善や抗ストレス作用などの効果が現れると考えられています。また、バレリアンは睡眠導入剤的な効果も期待できますが、それ以上に1ヵ月間などの摂取により睡眠の質そのものを改善するという使用方法が効果的であるとされています。

副作用につきましては、容量・用法を守れば副作用の心配はほとんどありません。一応は、眠気、歩行障害、低体温、筋弛緩、痙攣、疲労、頭痛、動悸、麻痺、肝障害、習慣性などが報告されていますが、仮にこれらの症状が現れたとしても軽微で、たまに胃の調子が悪くなる程度というのが一般的な副作用です。しかし大量に摂取すると、頭痛、吐き気、気持ちが落ち着かない、朝ふらふらするなどの副作用が起きる場合がありますので、くれぐれも用法・用量にはご注意ください。

医薬品との併用につきましては、特に副作用は報告されていませんが、バレリアンの成分は肝臓で分解される為、肝機能不全の患者の方の摂取はお止めください。それと妊婦、授乳中の方は摂取しないこととなっています。これについては、何らかの副作用が報告されているということではなく妊娠中、授乳中の方を対象にしたヒト臨床研究がないため、安全性を保証するためのデータが現存しないことが理由です。

以上、バレリアンについての簡単解説でした。毎日の心の健康や、不眠の改善などのお役に立てばと思います。

※このページに記載されている内容はあくまで一般的な知識のご紹介であり効果や安全を保証するものではありません。食品、サプリメントのご使用はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。