管理人の真弓知也です。人見知りで富士額な男です。よろしくどうぞ。
プロフィール画像

テアニン(L-Theanine)の癒し効果

緑茶に含まれる癒しのアミノ酸「テアニン(L-Theanine)」についての簡単な解説です。テアニンは摂取後、脳波にリラックスの指標であるα波を出現させることがよく知られていますが、PMS(月経前症候群)による精神的症状などを緩和する効果もあります。


テアニンはお茶、ツバキ、サザンカなどの「チャノキ」とそのごく近縁種やニセイロガワリ葉にしか見つかっていないアミノ酸です。私達が口にする食品の中ではお茶のみに含まれています。化学構造的にはグルタミン酸に類似の構造をしており、お茶の上品な旨みや甘味を感じさせているのはこのテアニンであり、比較的上質なお茶に豊富に含まれます。

このように、お茶の旨み成分として私達の舌を楽しませるのに貢献しているテアニンですが、貢献しているのはお茶を美味しく感じさせてくれることだけではありません。実はテアニンは、私たちの心に安らぎを与える「癒し成分」としての働きもしてくれているのです。

私達人間は、お茶を飲んだ後などにホッと一息ついたような安らぎを感じますが、この感覚はテアニンの持つ癒し効果によるものだといわれ、事実テアニンを摂取すると約30~40分で脳波にリラックスの指標であるα波が出現します。この現象の他にもテアニンを使ったさまざまな実験で、精神的なストレスを抑制する効果が確認されており、テアニンの持つ癒し効果は既に科学的にも認められるところとなっています。

テアニンの持つ癒し効果の中でも、特に女性にとってありがたい作用がPMS(月経前症候群)による精神的症状の緩和です。つまり、女性の月経前特有の、イライラ、怒りっぽくなる、疲れ易い、憂鬱、集中力の低下などの症状を楽にする作用があるわけですが、この他にも、更年期障害による、ほてり、動悸、イライラ、不安感の緩和。さらに、記憶力や集中力の向上による仕事や勉強の能率アップ、脳神経細胞の保護効果、安眠効果などなど、テアニンのもつ鎮静作用はさまざまな角度から私達の精神活動に恩恵を与えてくれます。

しかもテアニンは人体に対してとても安全な成分であり、副作用などの心配はありません。仮に多量に摂取したとしてもテアニンは水溶性であるため、不要な分は体外に排泄されます。そのため、摂取量の目安というものは特にありませんが、何事も常識の範囲というものがありますので、常識を外れた実験的な摂取などはおすすめできません。

摂取方法としましては、テアニンはお茶にしか含まれていない成分なため、お茶を飲むことでしか摂取できません。ただ、お茶一杯あたりには約15~30mgものカフェインが含まれ、一般によく知られるようにカフェインには精神を興奮させる作用があります。お茶を飲んだ時にはカフェインの興奮作用とテアニンの鎮静作用とが拮抗するため興奮作用はあまり目立ちませんが、確実にテアニンの癒し効果を阻害する要因となっています。そのため、より純粋にテアニンの癒し効果の恩恵を受けたい場合は、テアニンのサプリメントや、テアニンを高濃度に含む健康食品などから摂取される方法が一番よいかと思います。

以上、簡単ではありますが、テアニンの癒し効果について解説させていただきました。毎日の心の健康のお役に立てばと思います。

※このページに記載されている内容はあくまで一般的な知識のご紹介であり効果や安全を保証するものではありません。食品、サプリメントのご使用はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。